285views

初めてのヨーロッパ女子旅でも安心!防犯・丈夫なキャリーケース6選

初めてのヨーロッパ旅行。いざ旅行準備となると、「どのくらいの容量のバッグが必要?」「荷物の大きさに規定はあるの?」といった不安が浮かびますよね。当社で人気・おすすめの ヨーロッパ旅行に最適なキャリーケースをファスナータイプ・フレームタイプ別で人気TOP3をご紹介。併せて航空会社の手荷制限ついてもお教えします。ヨーロッパ旅行を完全ガイド!当記事を読んで、憧れの地を安心して楽しみましょう。
gettyimages (5607)

目次

1.キャリーケースの選び方
■無料で預けられる手荷物の大きさって?
■どのくらいの容量が必要なの?

2.ヨーロッパ旅行におすすめのキャリーケース
■絶対に外せないポイント
■ランキングでご紹介
<ファスナータイプ>
<フレームタイプ>

3.まとめ

1.キャリーケースの選び方

■無料で預けられる手荷物の大きさって?

飛行機に乗る際、航空会社に無料で預けることのできる手荷物(無料受託手荷物)には、 サイズに規定があり、多くの航空会社では、「3辺の合計が158cm以内(総外寸)」と定められています。 規定サイズを超えたものは、超過料金が発生してしまうので注意が必要です。
 (5585)

ヨーロッパ系航空会社のほとんどが、無料受託手荷物の規定サイズが158cm以内と規定しています。

<規定サイズが158cm以内の航空会社>
・エールフランス(AF)
・フィンエアー(AY)
・アリタリア・イタリア航空(AZ)
・KLMオランダ航空(KL)
・ルフトハンザドイツ航空(LH)
・LOTポーランド航空(LO)
・スイスインターナショナルエアラインズ(LX)
・スカンジナビア航空(SK)
・アエロフロート・ロシア航空(SU)

※ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は90cm x 75cm x 43cm

ちなみに、重量制限(1個あたりまたは総重量)は23kgです。
 (5588)

 (5587)

■どのくらいの容量が必要なの?

・日数別の容量目安

5~7泊…<61~80ℓ>

8泊~長期滞在…<81ℓ以上>

旅行日数に対してのスーツケースの容量は、1泊当たり10リットル程度と言われています。
荷物の多い方・少ない方、夏服・冬服で適切な容量は異なりますが、「入りきるか心配」「容量を気にしないで現地でのショッピングを楽しみたい!」という方は、目安より少し大きめのスーツケースがおすすめです。
近年、航空会社ではサイズ制限や重量制限が厳しくなっているため
キャリーケース選びの際にも、
規定のサイズ(3辺合計158cm以内)なのか確認することは非常に大事なポイントとなってきます。

泊数はもちろん、どれだけ旅行先でお土産を購入して内容量が増えるか…も想像しながら必要な容量を考え、自分の旅行に最適なキャリーケースを選びましょう。

ヨーロッパ旅行におすすめのキャリーケース

■絶対に外せないポイント

gettyimages (5609)

1.キャスターがしっかりしたものを選びましょう

ヨーロッパに多い石畳の道。

1個のキャスターに2個の車輪がついている「Wキャスタータイプ」であれば、
キャスター自体が幅広になるので、石畳の道やちょっとした地面の隙間にキャスターが挟まることも少なくります。
道の状態に左右されず、荷物を安定して持ち運ぶことが可能です。

他には、キャスターの取付部に衝撃吸収材を使用することでケースへの衝撃を緩和し
かつ高い防振効果を発揮する「静音タイプ」もあります。
静音タイプも衝撃に強いキャスターですので、スーツケースの安定走行性は抜群です!

これらの、幅広のキャスター・または衝撃の吸収性に優れたキャスターを選べば
ヨーロッパ旅行中の移動も快適に過ごすことができます♪

2.軽量重視ならファスナータイプ!セキュリティ重視ならフレームタイプを

<ファスナータイプ>

たとえすぐホテルに預けてしまうとしても、旅行先のキャリーケースは少しでも軽い方が楽ですよね。
お土産などで荷物が増えた結果、手荷物重量をオーバーしてしまって超過料金を支払うことに!なんてことも…
そんな事態を防ぐためにも、キャリーケース自体がなるべく軽量なものを選ぶことが大切です。
実は、ファスナータイプの方が使っている金属が少ない分、フレームタイプより平均1~3kg軽いんです!
本体が1~3kg軽いと、その分お土産や着替えを多く入れることができますよね。

そして、本体が軽いことで旅行中に持ち運ぶ総重量も減るので
荷物を持ち上げるときや階段の上り下りで体にかかる負担も減ります。

・防犯性も気になるけど、「軽く」「楽に」旅行を楽しみたい!
・現地でお土産をたくさん買いたい!でも帰りの荷物の重さが気になる…
という方には、ボディが軽い「ファスナータイプ」を選ぶことをおすすめします。

ファスナー部分が2重になったダブルジッパー仕様であれば、ファスナータイプであっても防犯面も安心です。
ファスナータイプがおすすめな方

ファスナータイプがおすすめな方

・ちょっとした待ち時間に荷物の整理をしたい
・旅行先で荷物が増えたとき重量が心配…
・移動時の負担を少しでも減らしたい

<Wファスナータイプ>
・軽さと防犯性どちらも譲れない!

<フレームタイプ>

フレームタイプのキャリーケースは開閉部が金属のため、本体を横にして完全に開けないと中のものが取り出せません。出先でちょっと物を取り出したい時には不便を感じることも。

しかし、そのかっちりした仕様が防犯には役に立ちます。鍵がかかった状態で無理やり開けようとする場合は、バールなど大掛かりな工具等でこじ開ける必要があります。ファスナータイプよりも堅牢なので窃盗の防止に効果的です。

せっかくのヨーロッパ旅行で悲しい思いはしたくないですよね。
少しでもセキュリティーを重視したい方におすすめなのがフレームタイプです。

また「フレームタイプは重い」というイメージがありますが、
最近ではフレーム部分の改良により比較的軽く作られた商品が複数あります。
フレームタイプのキャリーケースは、重量の記載にも注目してみてください♪
フレームタイプがおすすめな方

フレームタイプがおすすめな方

・空港で手荒に扱われても壊れにくいような堅さと丈夫さが欲しい
・少しでも防犯性の高いキャリーケースを選びたい
・お土産でお酒や重い物を購入するので中身が安定するキャリーケースがいい
それぞれのタイプの特徴を比較して、自分のスタイルに合ったタイプを選びましょう。
gettyimages (5634)

■ランキングでご紹介

ヨーロッパ旅行のキャリーケースに必要なポイントについてご理解いただけたでしょうか。
頑丈なフレームタイプにするか、軽量さ重視のファスナータイプか迷いますよね。

そこでこれらの事情を踏まえて

①大型旅行に便利な「75ℓ以上の大型」

②航空会社の荷物規定「三辺合計が158cm以下」

③ヨーロッパの石畳に負けない「キャスターの利便性」

これらヨーロッパ旅行に必要なすべての要素を備えたスーツケースを
・ファスナータイプ
・フレームタイプ
の2つに分けてその特徴とともにご紹介します。

自分に合ったキャリーケースを選んで、安心して旅行を楽しみましょう♪

1.<ファスナータイプ>

1位 ロジェール スーツケース CUBO-FIT【約100(110)ℓ】

あらゆるものにFITする今までにない形。使いやすさ、収納力、美しいデザイン、満足度No1

ロジェール| LOJEL | スーツケース| CUBO-L

36,720 円(税込)
人気のCUBOシリーズがリニューアル!確かな品質と使い勝手を重視したファクトリーブランド「LOJEL」。フロントオープン式で狭い場所でも気軽に物の出し入れが出来ます。マチのある荷物も楽々収納可能です。

2位 スカイナビゲーター ファスナーキャリー【約84(97)ℓ】

無駄を省き、最大限容量を確保。機能性・価格のバランスのとれたキャリー

スカイナビゲーター|ファスナーキャリー

19,440 円(税込)
ダイヤルロックとキーロック2通りどちらでも使用できる便利なロックを搭載したスカイナビゲーター。ゴールドパーツをあしらい女性らしいデザインも魅力。拡張後のサイズで158cm以内無料受託手荷物対応サイズになります。長期滞在まで対応できる大型キャリーです。(高さ65cm・約4.7kg)

3位 ストラティック レザー&モア L 【約100ℓ】

「GOOD DESIGN賞」を受賞。見た目からは想像できない軽さを兼ね備え、セキュリティ性も高い万能キャリー

ストラティック レザー&モア L

35,640 円(税込)
ストラティック レザー&モアは、軽さと旅の心地よさを追及したラグジュアリーハードキャリーです。(高さ71cm・約4.36kg)

2.<フレームタイプ>

1位 バウンドリップ フレームキャリー【約105ℓ】

ブレーキキャスターで電車や坂道でも安心

バウンドリップ BOUNDRIP | フレームキャリー

21,384 円(税込)
軽くて丈夫なフレームタイプのスーツケース。シンプルながらもオシャレ感のあるデザインです。電車や坂道で安心のブレーキがかかるキャスターを搭載しています。(高さ67cm・約5.0kg)

2位 サンコー スーパーライト MGC 【約93ℓ】

スーパーライトシリーズ待望の最新モデル!フレームタイプでありながら驚異の軽さを実現

サンコー スーパーライト MGC

32,400 円(税込)
極軽!スーパーライトシリーズの最新モデル。抗菌加工を施したキャリーハンドルとメインハンドルを搭載。93Lという容量を確保しながら4.2kgという驚きの軽さを実現しています。(約69cm・ 約4.2kg)

3位 イノベーター | 当店限定モデル | フレームキャリー【約90ℓ】

旅をスタイリッシュにきめるならコレ!

イノベーター | 当店限定モデル | フレームキャリー

31,320 円(税込)
人気のイノベーター(innovator)にトラベラーストア限定モデルが登場!オンオフに使えるシルバーカーボンにブルーフレームのコンビがスタイリッシュな商品です。(高さ68cm・約4.8kg)

おまけ

簡単操作でキャリーケースの軽量が可能「荷物計量器」

ラゲッジスケール | スーツケース・荷物計量器 | ラゲッジチェッカー 通販のトラベラーストア

2,030 円(税込)
預ける手荷物が重量オーバーで、別料金が発生!なんてことがならないように事前に簡単にチェックできる便利なアイテムです。

3.まとめ

初めて行く地方の旅行には不安が付き物ですが、自分に合ったその地域に最適なキャリーケースを持つことで旅行気分もあがります。

この特集を参考に自分に合ったキャリーケースを手に入れて、良い旅をお過ごしください。