5,380views

一度は乗ってみたい!世界の一風変わった観覧車5選!

遠くから見ても目立つ観覧車は、テーマパークや街のシンボル的存在。ゴンドラの隔離された世界で景色を眺めながら1周する時間は、その高さに高揚しつつもゆったりとした時間が味わえますよね。そんな観覧車は、老若男女に人気のアトラクション。海外・国内ともに多数の観覧車がありますが、ちょっと一風変わった観覧車をまとめました。
thinkstock (1911)

目次



1.サウナに入りながら乗れる!?癒し系観覧車

thinkstock (1868)

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキにある観覧車「スカイウォール」。

一見普通の観覧車に見えますが、なんと「サウナ」仕様になっているゴンドラ「スカイサウナ」があるのです!
木目調になっているゴンドラが目印。
最高室内温度が90度に設定されていて、サウナそのもの。
サウナに入りながら、ヘルシンキの景色を楽しめます。

ゴンドラの中はこんな感じに。
ジャグジーやラウンジも利用できるので、ゆったり過ごしたい方におすすめです。
事前に予約をしておくと安心です。

アクセスMAP







2.いつもそこにあるとは限らない!?移動遊園地の観覧車

日本では聞きなれない「移動式の遊園地」。その名の通り、遊園地が移動してやってくるのです。そのため、決まった時期にしか開催されなかったり、偶然出会ったりします。

一般的な遊園地よりも小規模なものになりますが、移動式遊園地の中でも注目を集めるのは、やはり観覧車。スピードが速かったり、乗降で止まったり、日本とは違います。

移動遊園地は毎年決まった時期に開かれていることも多いので、旅行の時期を合わせて、日本ではできない体験をしてみてはいかがでしょうか。移動式遊園地はレトロな雰囲気の写真が取れるので、写真好きな方やインスタグラムしている方におすすめです。

パリの夏の風物詩 チュイルリー公園の移動遊園地

毎年夏の2ヶ月間だけ登場する遊園地。入場料は不要で、アトラクションごとにチケットを買って乗る仕組みです。ルーブル美術館の西側にある公園なので、パリの街並みも楽しめます。観光の途中に少し寄ってみてはいかがでしょうか。

アクセスMAP



チェコの冬の風物詩

🎡🎡🎡#matejskapout

A post shared by Kristy 💕 (@lifebykristy) on

チェコの首都「プラハ」の移動式遊園地。
聖マチェイ祭の期間、2月下旬頃~イースター前の4月にかけて開催されます。もちろん観覧車も登場。ゴンドラは囲われていないものなので、少し怖さもあるかもしれませんが、形のかわいい観覧車です。


3.ゴンドラの中でパーティー!?超リッチな観覧車

gettyimages (1887)

アメリカ、ラスベガスにある巨大観覧車「ハイ・ローラー」。カジノホテル「ザ・リンク」の目玉として2014年3月に誕生。約170mの高さを誇り、1つのゴンドラの定員は40名と何とも規格外な観覧車。ゴンドラは近未来的なデザインです。
圧倒的な存在感で、ラスベガスの夜景も楽しめる観覧車ですが、セレブな時間が過ごせるのも特徴です。30分飲み放題プランをつけることができるので、パーティー感覚でラスベガスの夜景を楽しむこともできます。

アクセスMAP





4.想像がつかない8の字の観覧車とは?

#ライトアップ#スタジオシティ#ゴールデンリール#macau#マカオ

A post shared by harumin (@harumin4927) on

マカオのホテルに作られた、8の字の観覧車「ゴールデンリール」。どこが観覧車かわかりますか?8の字のところをよーく見ると、中は観覧車になっています。とても珍しいデザインです。回るときは、8の字の内側をなぞるように回ります。約131mの高さからマカオの景色を楽しむことができます。

アクセスMAP





5.高所恐怖症の人は要注意!?床が透明の観覧車

 (1901)

最後の変わった観覧車は日本。大阪府吹田市の万博跡地「エキスポシティ」に2016年7月に誕生した観覧車。高さ123mで日本一の高さを誇ります。エキスポシティのシンボル「太陽の塔」はもちろん、大阪の街並みを楽しむことができます。

こちらの観覧車の変わっているところは「まるみえ」なこと。窓だけではなくゴンドラの床面も透明のガラスになっている部分があるので、どの角度の景色も楽しめて、更にドキドキ感も味わえます。

足、そわー。。。。 #expocity #osakawheel #観覧車 #日本一 #エキスポシティ

A post shared by Aiko Honma (@ai_sola) on

さらに、2基しかないというVIPゴンドラが存在します。座り心地の良いソファーで、豪華なゴンドラ。床面は一面スケスケ。でも、ボタン一つで曇りガラスに変化するのです!

シャンパンのハーフボトル付きのプランもあり、大阪の夜を楽しめます。

アクセスMAP





まとめ

世界の一風変わった観覧車5選、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介しませんでしたが、インドなどでは人の力で動く観覧車もあるのだとか。観覧車の世界は奥深いですね。
今回ご紹介した観覧車は大きな都市にあるものばかりですので、ぜひご旅行の際には観覧車に乗ってみてくださいね。