107views

やっぱり食べたい、ハワイのパンケーキ

ハワイで食べられるパンケーキは日本のホットケーキと呼ばれているものより少し薄く、甘さもひかえめ。現在のようなパンケーキブームが始まる前から、ロコたちの朝ごはんとして定着している、年齢を問わず愛されるハワイのローカルフードの一つです。

目次

1・ロコの気分で味わう、シンプルな老舗パンケーキ店の味

アメリカで一般的にパンケーキが食べられるようになったのは、19世紀ごろだと言われています。しかも19世紀の終わりには、パンケーキ粉が販売され、各家庭で食べられていたというのですから驚きです。そんななかハワイで40年以上の長い歴史があり、ローカル達に長く愛されているパンケーキ屋さんといえば、「オリジナルパンケーキハウス」でしょう。
 (5342)

 (5365)

連日朝早くからロコたちに人気で、週末には店の前に行列ができることも。ローカルたちに一番人気の パンケーキは、シンプルなバターミルクパンケーキ。薄目の生地に少しだけ塩味を感じさせてくれる飽きのこないパンケーキです。ホノルル市内には、カリヒとアラモアナに2店舗がありますが、日本からの観光客の方が行きやすいのは、アラモアナショッピングセンターから歩いて行けるアラモアナ、カピオラニ店です。派手なデコレーションやSNS映えなどとは程遠いパンケーキですが、じんわり美味しいローカルの味を楽しんで下さい。

2・こんなパンケーキも人気です

 (5346)

素朴なパンケーキの他に、ハワイらしいパンケーキも人気です。こちらはロコ御用達のハワイアンフードのお店「ハイウェイイン」。気軽に昔ながらのハワイアンフードを味わうことができるお店です。
 (5366)

こちらのおすすめは、ポイパンケーキにマカダミアナッツソースがかかったハワイらしいパンケーキです。ポイパンケーキとはハワイの主食であるタロイモをペースト状にしてパンケーキに練り込んだもの。普通のパンケーキよりモッチリ感が強く、濃厚なマカダミアナッツソースによく合います。
 (5350)

また少し変わったパンケーキといえば、生地に卵白が混ぜ込まれ、ふわりと軽い生地が美味しいスフレパンケーキ。アラワイ運河沿いにある「クリームポット」は、ハワイのスフレパンケーキブームの火付け役と言っても過言ではありません。

 (5367)

オーダー後に、卵白や生クリームなどを丁寧に泡立て生地を作るという、こだわりのスフレパンケーキ。甘酸っぱいフルーツソースとよく合います。週末は、観光客だけでなくロコ達も列をつくる人気店です。

3・まとめ

老舗の昔ながらの味のアメリカンなパンケーキや、ハワイらしいパンケーキ、そして新感覚のスフレパンケーキ。ハワイに来たら、どれも味わってもらいたいものばかり。心地良いハワイの風の中で、のんびりとパンケーキで朝ごはん。ハワイ旅の醍醐味をお楽しみ下さいね。

今回ご紹介した3つのパンケーキハウスは、全てホノルル市内、行きやすい場所にあります。
The Original Pancake House
ザ・オリジナルパンケーキハウス

1221 Kapiolani Blvd
6AM–2PM
(808) 596-8213
Highway Inn Kaka'ako
ハイウェイイン カカアコ

680 Ala Moana Blvd #105
8:30-20:30
Sun 9:00-2:30
(808) 954-4955
Cream pot
クリームポット

444 Niu St, Honolulu
6:30-2:30
定休日: 火曜日
(808) 429-0945

ギフトランドでおすすめのパンケーキミックス

ハワイアンサン パンケーキミックス 2袋セット

1,944
味、香りでハワイを感じられるチョコレートマカダミアナッツフレーバーのパンケーキです。 水以外の必要な材料は全て入っているので、水を加えて焼くだけで誰でも手軽にハワイの本格パンケーキをご自宅で味わっていただけます。 ハワイアンサン社は1952年設立のハワイを代表するソフトドリンクメーカーとして現地では有名な会社ですが、ドリンクだけではなくチョコレートやパンケーキシロップもハワイアンサン社の人気商品です。